おうちのはなし

uchibana.exblog.jp
ブログトップ

2018年 07月 19日 ( 1 )


2018年 07月 19日

切迫早産 管理入院15日目【36W2d】

6:30 目が覚める

今日はついに検診だ………!
明日帰る気満々ですけど。笑

8:00 朝ごはん

8:30 NSTと採血

点滴の針が痛いけど、いつまで点滴なのかわからないため、今抜く決心が付かず。笑
ひたすら診察を待つことに。

11:30 診察

エコーに内診。

エコーでは赤ちゃんはちゃんと頭を下にしており、推定2700gだそう。

おお、ここに来て大きくなってる。
まぁ、あくまで推定な訳だけど…

内診では赤ちゃん降りてきてるそうですが。
もう、子宮頸管の長さは測りませんでした。

今入れてる点滴液がなくなり次第、点滴をやめるという話に。
(予想では18時過ぎくらいに終わる感じ)

で、そこからは前に処方されていた張り止めの錠剤の残りを服用、それもなくなり次第やめましょうとの事。
(そうなると37週になる前に飲みきりになります)

次回、37週1日で検診の予約を取りました。

ただ、点滴をやめると、今夜確実に張り返しが来て、稀にそれが本陣痛に繋がる人がいるそうで。

そうなった時に、そのまま出産するのか、再度点滴をして、37週入るまで退院を延期するのか、夕方までに意思表示して下さい。と言われました。

私に決定を委ねてくれるという事は、生まれてきても大丈夫でしょうという先生の判断があるからだろうなぁと。

でも「早産」になる事は変わらないので、そこをどう考えるのかという事なんでしょう。

自分で選択できる、という事ほど難しい事はないな、と。
旦那にも連絡を入れ、夕方の面会で決める事にしました。

15:00 旦那と子供達が面会に来てくれる

話し合った結論から言うと、もし本陣痛になったらそのまま出産しよう、と。
そう決めました。

なので何もなければ明日退院!決定です!

18:00 夕ごはん

「明日退院ですって?」と給仕のおばさまが声をかけてくれる。
おばさまも切迫での入院経験があるそうで。
「もう少し、頑張ってね」と温かいお言葉。
「また産む時戻って来るのでよろしくお願いします」とあいさつしました。

ちょうどご飯のタイミングと点滴が終わるタイミングが重なる。

助産師さんが即来てくれて、「ご飯ゆっくり食べたいですよね!」と点滴を外してくれる。

張り返しは少しこわいけど、大丈夫、そう言い聞かせてゆったり過ごす事を心がけます。

18:00 身体拭き

シャワーしたいと希望していましたが、今日は念のためやめたほうがいいとの事。

明日ゆっくり家でお風呂入ろう……

あ、そうそう、貧血があるそうで鉄剤も処方されました。
朝晩2回飲む事になります。

ポコポコ元気に動いております。

20:30 院長先生回診

「大丈夫ー?」と。
張りがあまりない事を伝えると「次の検診まで持つかな〜?」と、ニヤニヤ出ていかれました。笑

21:00 NST

念のため…と20分ほどモニターしました。
でもたいして張らず。

もちろん、全く無いわけではなかったのですが、張っても痛みも無し。

そして、点滴セットを持たずに移動できる楽チンさに違和感が。

部屋も心なしか広く感じます。

1:00 気付けばうつらうつら寝てしまっていたようで。

目が覚めたタイミングで寝る前に飲む分の張り止めを飲みました。


・゚★,。・:*:・゚☆♪いつも遊びに来てくださりありがとうございます♪・゚★,。・:*:・゚☆
にほんブログ村 マタニティーライフ←ランキングに参加しています。よろしくお願いします♪
[PR]

by ouchinohanashi | 2018-07-19 09:52 | 妊娠あれこれ | Comments(0)