おうちのはなし

uchibana.exblog.jp
ブログトップ
2019年 01月 07日

4歳0ヶ月〜2ヶ月の記録

すっかり更新しそびれていました。

身長は100cmを超え、体重は大体15kg弱。
洋服は100cmがギリジャストです。

つまり、去年とだいたい同じものを着せられる。
買い足しが少なくて助かるー!

が、モノによってはやっぱり小さく、110cmも着せます。
(Tシャツは120cmでもイケるけど、長袖だと袖が長過ぎたりするので、基本100cm。)

靴はニューバランスの17.5cmにサイズアップしました!

「お母さん…キツイんだけど…」との自己申告で。。笑笑

いきなり16.5cmから17.5cmにサイズアップ。


と、言うのも愛用の996のシリーズが17cmから形が変わりまして

かなり大人っぽいシルエットに。

中敷を比べたところ、16.5cmと17cmでほとんど変わらなかったため、プラス0.5cmサイズアップに踏み切りました。

結果、正解だったようで、快適そうです。

あと、イフミーの17cmも購入。


ブラックにしました。なかなかオシャレ♡
これは17cmでいけそうです。

***************

【パー子?な引き笑い】
最近「あーーー!!」と引き笑いするんですよね。笑笑
「あ」だと思うんだけど…もはや表現できない音ですね………
楽しくなると出ちゃう笑い方で、急に始まったのでなんで??!って感じです。笑
面白いけど……

【熱をいっぱい出してます】
幼稚園の洗礼なのでしょうけど。
一学期は全くお熱出さずに頑張りましたが。
夏の疲れからか、二学期に入ってからは熱を出してばかりです。
熱が出ると急に水分をとらなくなるのでずっと試行錯誤でしたが、ポカリならちょびちょび飲んでくれる。
ってな訳でポカリスエットの味を覚えまして。。笑
我が家では高熱の時だけ飲ませるんですけど。
ちょっと元気になってきても「ポカリ飲みたい♡」って言ってます。

【初めての子供達だけの遠足】
お芋掘りに行ってきました。
自分のリュックにお弁当、シート、着替えなど、自分の荷物を全て入れて参加する遠足。
これぞ自立への第一歩ですね……
親の方が。笑笑
楽しみにしていて前日から準備を張り切っている娘。
バスに乗り、行ってらっしゃい〜!と手を振り、娘がニコニコと手を振り返してくれた時、いつかこうして離れていってしまうのだなぁと少し切なくなりました。

そして、毎日の幼稚園の送り迎えも娘と過ごす貴重な時間なのだなぁと再確認。

3番目が生まれてから自転車通園ではなく徒歩通園がメインになってきてきますが、晴れた日に手を繋いでお話しながら歩く時間がなんと愛おしい時間か。

初めは自転車乗れなくて大変、歩くの面倒だなぁなんて思っていましたが、最近とても楽しいです。

【初めての運動会】
沢山の観客を前にしたら、どちらかというと緊張して何もできなくなるタイプかな?と思っていましたが。
私や旦那を見つけ、手を振ってくれて、目線バリバリくれるタイプの子に成長していました。笑笑
ちゃんと走るし、ダンスもするし。
すごいなぁ…と。
まぁ、案の定写真撮るのに夢中で泣く暇ありませんでしたが。爆
全く関係ない年長さんのリレーを見て泣きました。爆

【初めての発表会】
これまた大きなホールを借りて幼稚園の発表会。
「はらぺこあおむし」のオペレッタでした。
家でもずっとあおむしの本を読みながら歌っていて。
本番も緊張しながらも大きな声で歌っている様子がとても可愛らしくて。
当日若干体調が悪かったにもかかわらず「発表会に出たい!」の気持ちでやり遂げた感じでした。
帰ってきて疲れからか熱を出し、夕飯もたいして食べずに寝ている姿を見て「頑張ったんだな」と。
翌日には平熱に戻り、元気に登園。ホッとしました。

【合っているけど…】
お風呂での話。
昔話で「むかしむかし…」と始まり、「桃を拾いました、桃から鬼を切る人が出てきました」と言った時は笑いました。
まぁね、合ってるけど……

【ひらがなに興味が湧いてきた】
お友達の中にはひらがなが全部読める子、ひらがなが全部読めるし全部書ける子、もいます。
4歳1ヶ月まで、娘は自分の名前や家族の名前が読めるくらい。
ほとんど書けないし、こちらからは積極的に教えてはいませんでした。

それがびっくり。
たった1ヶ月ほどでひらがな全部読めるようになっちゃいましたーーーー!!!!!

子供の吸収力ってすごい。
本当にすごい。

家にあるひらがなの本はミキハウスの音の出る絵本。


↑子供が本気になれば、これであっという間に覚えられるはず。

娘はお風呂のあいうえお表を眺めて、指差して遊んでいましたが(それもだいぶ前に買ったもので、最近再び遊ぶようになった)こちらが本気で教えようとするとついもどかしてくイラっとしてしまうので、聞かれた時だけ教えてあげるようにしていました。


娘の通う幼稚園では積極的にひらがなの読み書きを教える時間は設けられていないので、親次第。

書くのはまだやる気になれず、自分の名前がなんとなく書けるかな…くらいです。
まぁ、これも焦る必要ないですよね。
彼女がやる気になった時が教えるタイミングなんだと思います。

***************

余談ですが。
ひらがなの話をしたのでついでに。

クラスの女の子の中でお手紙交換が流行っていて。(どうも女子はどこの幼稚園でもあるみたいですね…)
正直それが私はとても面倒で。

自分で文字を書いてくる子、お母さんが手伝って書いてくる子、様々ですが。
私は親が手を出すものではないと思うので、基本的には「書きたいなら自分で書きなさい。文章を書きたいなら自分でひらがなを練習しないさい」と娘に言っていました。
そうすると娘は「できないから、一緒に手伝って」と言ってくる。
その時は、私が書くのではなく、私が娘の持つ手を誘導してあげて一緒に書くようにしていました。

が、基本的にはお手紙は反対です。
そもそも幼稚園に必要なものではないし。

まだ年少さんなのであげたい気持ちだけで渡して満足なのかもしれませんが。

これが、成長していく過程で「返事くれない」とか「◯◯ちゃんにはあげるけど◯◯ちゃんには書かない」みたいになっていくのが嫌で。

なのでお友達から手紙をもらってきても、私は積極的にお返事出そうか!とは促さないで「お手紙もらった時ありがとうは言った?」と聞くようにしていました。

…なんて言っていても娘も唐突に「返事書く!」なんて言い出す事があるので、その時は先程書いたように、こちらは手を出さず、自分で完成させるように指導していました。
娘は文字書けないので、ひたすら絵を描いていますが。

そんな日々が続いてしばらくしたある日、
「やっぱりお手紙は反対だな。幼稚園に必要なものかな?もらってない子はそれを見ていいな、ってうらやましくなっちゃうんじゃないかな?どう思う??」と聞いてみました。

「そうだね、やめる!そしたら、お友達が遊びに来てくれた時や遊びに行く時ならいいかな?」
と提案が。

「そうだね、幼稚園じゃない場所なら良いかもね」
と落ち着きました。

私が発言したことに対して、考え、提案してくれた事が嬉しくて。

その後はお友達のおうちに遊びに行く時などは朝からせっせとお手紙書いてます。
感心するのは、「もらえない子がさみしい思いをするかもしれない」と、全員に書く所。
兄弟だったり、グループだったり、その時に合わせて、きっちり全員分書いて自分で持って行き、配っています。

それならいいかな。
考えて実行する姿、素敵だよ♡

***************

幼稚園でもみんなと仲良く遊び、発表会も頑張り、とても充実した生活を送っている長女。
とても頼もしく思います。

あっという間に2学期が終わって、3学期はきっともっとあっという間で、そしたら年中さんか…そう思うとなんだか嬉しいような寂しいような。

こんなにも1年が早いなんて。

日々を大切に過ごさなきゃなぁと思います。


・゚★,。・:*:・゚☆♪いつも遊びに来てくださりありがとうございます♪・゚★,。・:*:・゚☆にほんブログ村 雑貨ブログ←ランキングに参加しています。よろしくお願いします♪

by ouchinohanashi | 2019-01-07 20:54 | 【長女】成長記録 | Comments(0)


<< 生後5ヶ月 寝返り返りより、ず...      2019あけましておめでとうご... >>