おうちのはなし

uchibana.exblog.jp
ブログトップ
2018年 12月 09日

写真の整理とバックアップ

もうかなり前のお話になってしまうのですが。

8月の終わり。
ゲリラ豪雨の夜に我が家停電いたしまして。

停電時間は2〜3分。
すぐに復旧したのですが。

我が家のWi-Fiルーター兼バックアップに使用していたTime Capsuleが電源が入らなくなりました。

結婚してから買ったので、約5年モノ。

停電の直前まで問題なく使用していたので、確実に停電が原因。

コンセントをさしてもうんともすんとも言わない………

このTime Capsuleに我が家のビデオ、写真、全データが入っている………

もうね、頭真っ白ですよ。笑笑

とりあえずアップルのジーニアスバーへ行くも、
「修理できない」「何もできない」の一点張り。

でも、おそらくハードは故障していないだろうと、旦那が立ち上がりました。笑笑

ネットで詳しく分解の仕方を紹介してくださっていたブログを参考に、バードディスクの救出を試みました。

そして……
救出成功!!!!

やーーーーー。
本当、真っ青でした。

そんな訳で、改めて何重にもすべきバックアップの大切さを実感。

と言うか、バックアップと言うのはそもそも元があってのバックアップであって………

油断してパソコン内にデータを残さず、外付けのハードディスクに全て入れていた自分達の爪の甘さを実感しました……

ひとまず、この救出したハードディスクもいつ壊れるかわからないので、USBメモリーにもバックアップを取ることに。

急遽、32GBのUSBを複数個購入。

そちらにちまちま移す作業をして、ひとまず写真データだけは全てUSBにバックアップをしました。

CD、USB、SDカード……

結局、どの状態でとっておくのが1番良いんですかね?

私的にはCDというかDVD?が一番無難なのでは?と思うのですが…
旦那はあまり乗り気でない様子。

でもUSBも接続部分がダメになったら読み込めなくなっちゃいますからね…

***************

まぁ、そんなハプニングがあったものの、定期的にフォトブックを作っていた為、全て失った!絶望だ!…とまでは思わなかった今回の事件。

(や、ビデオはDVD化してなかったので絶望しましたが)

フォトブックのお話を改めて。

↓以前もチラッとお話してました

長女が生まれてからはフォトバックというサイトでフォトブックを作っていました。

無料のフォトブックなんかもある昨今。
一冊あたりの価格で言えばかなり割高なモノなんですけど。

何がいいかと言うと、フォトブックデータがずっと保存されているという所です。

万が一災害などでフォトブックを紛失したとしても、全く同じものを再注文できる!

そんな訳で、今回もし写真データ全て紛失したとしても、このフォトブックがあるから、この先一生娘達の成長記録が見れなくなる訳ではない…と言う安心感はありました。
(三女の写真はこれから初めてのフォトブック作成…というタイミングだった為、かなり切羽詰まってましたが…)

サボらず、定期的に作っていて良かった…と思った瞬間です。

ただ、長女に関して。

幼稚園に入園すると業者から購入するスナップ写真も増えるだろうな、と入園を機にフォトブックを終了しました。

(我が家では姉妹それぞれにフォトブックを作っていて、だいたいみんな同じ冊数になるように気をつけています。)

で、入園を機にフォトブックを止めることは決めていたものの、どういうスタイルでアルバムを作っていくのかは決めておらず。

色々考えた挙句、
無印良品のポリプロピレンのアルバムにしました。

まあ、王道ですよね。

軽くて薄いので、増えてもかさばらないっていうのが最大のメリット。

あと、おそらく当分売り続けてくれるであろう…という信頼から採用しました。

ひとまず一冊購入して、業者から買ったL判のスナップや集合写真などは既に入れ始めていたのですが。

私が撮ったものや、ママ友からもらったデータは1年分ためて、まとめて印刷注文すればいいや〜と思っていたのでまだ作業には移っておらず。

今回の事件でヒヤッとした訳です。

まぁ、これを機に二重にバックアップ取るようにすれば、1年ためて印刷で問題ないとは思うんですけどね。

もう少し落ち着いたら、また改めてどんな形でアルバムを作り、バックアップをどうしたか…などお話できたらな、と思います。



・゚★,。・:*:・゚☆♪いつも遊びに来てくださりありがとうございます♪・゚★,。・:*:・゚☆にほんブログ村 シンプルライフ←ランキングに参加しています。よろしくお願いします♪

by ouchinohanashi | 2018-12-09 12:58 | 整理・整頓 | Comments(0)


<< 生後4ヶ月 赤ちゃんらしくなってきた      今度は私がやってしまった。 >>