おうちのはなし

uchibana.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 15日

ステラルーのリボンとスカート作り〜第3弾〜

チュールでドレスを作りました。

なんとなく春色のドレスがいいな〜と思い、淡い感じに仕上げています。

e0336231_13115319.jpg

こちらは長方形に切ったチュールをひたすらゴム紐に結んでいく、簡単でフワフワなドレスです♡
可愛い〜〜♡♡

10cm×40cmのものを各2色×20枚ずつ使用しました。

今回初めてチュールという記事を扱いましたが、ほつれてこないのは楽ですね。

でも、布バサミで直線を切るのもなかなか大変でした。

歪んでいても気にならないので、かなり歪みのある状態でも構わず使用しましたが。

長女にはピンク×青、次女にはピンク×黄色で。
e0336231_13113885.jpg

ただ、これは幼児向けではないですね…

速攻ボロボロにされると思います。笑

e0336231_13114683.jpg

作った手前、お蔵入りももったいないし、とりあえず出しちゃおう!と2人に渡しましたが。

長女は「わー!かわいいー!!」と喜んではくれました。一応。

でも扱いが雑なので…どうなることやら。

リボンは今までとは少し変えて、中にわたを詰めず、角のあるタイプのリボンにしてみました。

e0336231_13112009.jpg

真ん中に残ったチュールを挟んで留めてあります。

中に入れているまるいポンポン?はセリアとダイソーのものが混ざっています。

ダイソーの方が若干大きく、量も多くてお買い得です。
(知らずにまずセリアで買ってしまったので、2種類入っています…)

e0336231_13112756.jpg
フワフワ感があってこのリボンシュシュはとってもお気に入り。

これに合ったスカートを作り直そうかなー。

チュールが少々と、まるいポンポンはまだたくさん余っているので、スカートにもポンポン入れようかな……

土台の生地が足りるかな?要チェックですね。

e0336231_13111304.jpg
長女の大好きなNちゃんにもお揃いで♡

こちらはオレンジ×黄色です。

Nちゃんはきっと綺麗に飾ってくれるから長く楽しんでもらえるだろうなー。笑




・゚★,。・:*:・゚☆♪いつも遊びに来てくださりありがとうございます♪・゚★,。・:*:・゚☆にほんブログ村 シンプルライフ←ランキングに参加しています。よろしくお願いします♪




[PR]

by ouchinohanashi | 2018-04-15 13:29 | その他 | Comments(8)
Commented by あこ at 2018-04-18 16:34 x
こんにちは(^^)
まずは第三子のご妊娠おめでとうございます♥
以前我が家は子供三人を目指していますと書かれてましたもんね!

昨年、第2子との年齢差を2歳にすべきか3歳にすべきか相談させて頂き、お礼も言えないままそこからかなり間があいてしまいました。

アドバイスを拝見し、確かに上の子があまり走り回らないうちが楽だなーと考え、まずは2歳差を目指し、3歳差になったらそれはそれでと、妊活をはじめました。
こちらでいい報告とアドバイスのお礼が出来たらいいなと思いながら。

そして妊活最初の周期、ありがたいことに授かることができました。
9月が予定日の予定で。
ですが、残念ながら子宮外妊娠でした。
そして、子供と共に片方の卵管を失ってしまいました。

現在妊娠中のYUMIさんにこんな話ごめんなさい。
けれど、早くお礼を伝えたいのとお祝いを伝えたいのとで出てきてしまいました。
Commented by あこ at 2018-04-18 16:42 x
今回の妊娠、最初から不安で不安で仕方ありませんでした。
私、ありがたいことに上の娘の時にも妊活最初の周期で授かっていて。
確率を考えても自分の年齢を鑑みても、二回連続ですぐに授かるなんてありえない、おかしい、絶体になにかある、絶体にどこかでしっぺ返しをくらうって不安で不安で。
他にも出血など色んな不安要素が重なり。
でもどんどんひどくなるつわり。
何度も産科に通い、子宮外妊娠が確定したときには、あぁこれでようやく悩まなくていいんだってほっとしてしまいました。

そして今お休み周期を挟んで再び妊活をはじめています。
片方卵管がないだけに普通よりはやっぱり難しいらしくて。
また同じ9月予定日のママ達が安定期に入り妊娠をカミングアウトする時期になり。

この喪失感と焦燥感。
我ながら付き合いきれなくなっています。

あのね!私もね!本当なら9月に出産してたはずなの!って叫びたくなったり。笑
ありていに言うと若干病んでます。笑

きっと第2子を授かれたとしてもこの喪失感は消えないんじゃないかなとか。
Commented by あこ at 2018-04-18 16:51 x
失礼を承知で質問させてください。

長女ちゃん妊娠より以前に、なかなか子供が授からないと書かれていたことがあったかと思います。
その期間をYUMIさんはどのように過ごされていましたか?
落ち込んだこと、沈んだこと、もちろんあったことと思います。

なんだか気持ちの浮き沈みが激しくてどうやってこれを乗り越えていけばいいのかわからなくて…。

またご主人は気持ちに寄り添ってくださっていましたか?
あとひとつ。
二人のかわいい娘さんに恵まれ、お腹に新しい命を抱えた今、その時の気持ちは消化できたと思われますか?

本当にセンシティブな質問を無遠慮にさせて頂きました。
ご気分を害されましたら本当に申し訳ありません。

場所が違うだけで心拍もみえただけに悔しくて。
もうこの喪失感と一生付き合っていく覚悟をしなくちゃいけないのか。
怖いです。

上の娘さんにお二人を見ながらだとなかなか思うようには為らないと思いますが、どうかなるべくご自愛くださいませ。
大事にしてください。

そして長女ちゃんの寝付きの悪さが少しでも解消されてますようにと願ってやみません(>_<)!
Commented by ouchinohanashi at 2018-04-24 21:32
あこさん♡
コメントありがとうございます!お久しぶりです♡
そして、今回のお話、聞かせてくれてありがとうございます。
どういう言葉を選ぶべきなのか迷ったのですが…
うまく表現できずごめんなさい。
あこさんのお身体、体調はいかがですか?
娘さんもいらっしゃるので、きっとたくさんの悲しい気持ちや喪失感にもしっかり向き合う時間がないまま無理やり気持ちを切り替えて毎日過ごされているのでは…と思うと胸が痛みます。
あこさんの元にまた赤ちゃんが戻ってきてくれますように…!
そして次こそは穏やかな妊娠生活が送れますよう、祈るばかりです…!!
Commented by ouchinohanashi at 2018-04-24 21:32
続きです。

私のお話をすると、私自身は当初「授からなかった」ので、失った悲しみまでの経験はありません。
想像するだけで辛いです。
一度見た心臓の鼓動を忘れることなんてできませんよね。
おそらく第二子を授かったとしてもあこさんの心の中では第三子…という気持ちになってしまいますよね。
私の友人も一度流産を経験した後出産したもののずっと流れちゃった子のことが頭にあったようで。
その後旦那さんに「供養に行きたい」と持ちかけたものの、「何で?」と理解されなくてとても切なかった…と話してくれたことがありました。
やっぱり男女で考え方は変わってしまうのでしょうね。
あこさんのご主人は寄り添ってくださいますか?
おそらく限られた人しか知らないことでしょうし、話を聞いてもらえるのであればご主人とたくさんお話して、たくさん当たっていいのだと思います。
私も当時、随分浮き沈みがあって、旦那に暴言吐きました…
基礎体温も測っていたのでその数値に一喜一憂、測り直したりして。笑
生理予定日のそわそわや、どこか期待していたのに検査薬が全く反応なかった時の絶望感。「ああ、また1ヶ月この気持ちを味わうのだな…」と。
私は本当に恵まれたことに、第二子第三子とかなりあっさり授かることができて。(まだ無事生まれた訳ではないので油断はできませんが)
でも、同時に「1人目がすぐできたから油断していたけど、2人目がなかなかできなくて…」という話を聞いていたママ友もいて。(その時私はつわり真っ只中でしたが、打ち明けることもできず、今に至ります…)
本当にいろんなケースがあるので…

あこさんも、きっと忘れることはできないのだと思います。
でも、心に閉じ込めておかないで、是非共有できる人と共有してください!
ご主人にたくさん当たってください!
ご自身を責めないでくださいね!!
Commented by あこ at 2018-04-27 15:43 x
お返事ありがとうございます。
私のこれ以上ないくらい不躾な質問に丁寧に答えて頂き、本当に感謝しています。
読んでいて涙が出ました。

そうなんです。
子宮外妊娠と確定されて失うまで、そして失ってから今まで。
きちんと向き合えていない気がします。

確定診断がおりた時にはもう覚悟していたので、ジタバタする気持ちもなく、でも娘と一緒に受診していたので、その結果を自分の中でゆっくり噛み締める余裕もなく。

ただひたすらに産まれてから初めて母と離れて夜を迎えることになる娘の心配、その日の朝から少し風邪気味だったことの心配をしていたように思います。
手術室に入るときにも異様な環境に不安そうな娘に笑いかけることに精一杯で、お腹の子に話しかける時間ももてませんでした。
Commented by あこ at 2018-04-27 15:50 x
主人は話は聞いてくれます。
が、同じ温度で今回の出来事を捉えてくれているとは到底思えませんし、またその期待もしていません。
わかってもらえないのは上の娘のときで重々わかりましたので。笑

まわりで9月予定日のお母さんが妊娠をオープンにしはじめて色々考えちゃって…って話したときも、なんで?って全然ピンときてませんでした。
我が家の旦那氏はそんなもんです。
一人娘がいて子供がいてもその程度なんですよね。本当にびっくりします。

仲の良いママさんに一人だけお話して話を聞いてもらっていましたが、今回そのママさんにめでたく第二子がきてくれたので、不吉すぎてこの話は封印中です。

本当にみんなこんな悲しい思いをせずに、ただただ幸せな妊娠出産を迎えられるようにと祈るばかりです。

YUMIさんもどうか元気に、そして安産で産まれてきてくれますように!

今回は本当にありがとうございました。
おっしゃるようになかなか周囲に気軽に話せる話題でもないので、聞いて頂いて気持ちが楽になりました。

追伸
キティ&はらぺこあおむしのランチボックスとスプーンフォークセット、可愛くてまたもや真似っこしちゃいました♥笑
Commented by ouchinohanashi at 2018-04-27 21:24
あこさん♡
いえいえ、全然うまいこと言えず申し訳ないです…!
あこさんの娘さんのことを第一に想う気持ちが痛いほどわかるので…
ご主人も、できればもう少し寄り添ってくれるといいですよね。
やっぱり男性ってどこか実感がないんでしょうね…自身の体に変化がないから仕方がないのでしょうけど…
今回はとても残念なかたちになってしまいましたが、いつかまたあこさんのお腹に新しい命が宿った時に、「今回の赤ちゃんがまた戻ってきてくれた」と感じられることがあれば…!と祈るばかりです。
どうかお身体を大事にしてくださいね!
大変な中、私の体まで気遣っていただき本当に感謝です…!

ランチボックス、可愛いですよね♡
そして開閉の楽さに驚きで。娘も自分で簡単に開閉できることが自信に繋がっているようで。さすがサンリオ。笑
我が家も来月から幼稚園に持たせるのが楽しみです。


<< ステラルーのスカート作り〜第4弾〜      22W 【第三子】長女の入園式... >>